上肢障がい者

不自由な部分が両腕のどこかにある人を上肢障がい者といいますが、注意するべきことが就職先を探すに当たってはいくつかあるといいます。

両腕は、普段の生活でも使うことが多い部分なので、不便なことはたくさんあります。

就職活動を上肢障がい者がする場合にも、基本的には一般の人と同じくハローワークやインターネットの求人サービスを利用するようです。

障がい者枠での雇用や、障がい者を対象としたネットの求人情報サイトも、近ごろではたくさんあります。

仕方のないことですが、上肢障がい者の場合パソコンの入力作業などのスピードが遅くなってしまうこともあります。

自分のスピードがどのくらいかを客観的数値として把握することが、就職活動の場合には大事なポイントです。

重い物を運ぶのがどうしても上肢障がい者は難しいといえるでしょう。