扶養的慰謝料

離婚原因が浮気であってもDVであっても、
とにかく細かく証拠を集めることが重要です。


どれだけ、傷つき、苦痛を受けたかをより具体的に主張することで、
慰謝料の金額は世間相場より高くなる可能性があります。


また澁川良幸の離婚問題解決法のノウハウで意外に効果的なのが、「じらし」作戦です。


「じらし」作戦とは、例えばご主人の浮気が原因で離婚問題になり、慰謝料を支払うべきご主人が、
一刻も早く別れたいと思う場合、なかなか離婚に応じないことです。


結構、この方法は慰謝料の金額アップにつながります。


損害を与えていない場合、慰謝料を支払う義務はありません。


しかし現実には、損害を与えていないにもかかわらず慰謝料を支払うことがあります。


例えば、経済力のある方の配偶者が、一秒でも早く離婚したいと思っている時です。


「お金で解決するのなら」と考え、慰謝料を支払うケースがあります。


また、扶養的慰謝料というのもあります。


扶養的慰謝料とは、経済力のない方の配偶者の当面の生活を考え、
経済力のある方の配偶者が扶養的な目的で慰謝料を支払うものです。


扶養的慰謝料は、損害賠償の意味合いはありません。


ですから、一時金のようなもので、相場も目安もありません。